小学校受験に成功するため知っておいてほしいこと

誰でも自分の子供には最高の教育を受けさせたい、最高の環境の中で育てたい、と思うのは当然のことです。そんな親の思いが形になったひとつの例として、小学校受験があります。巷でもよく聞くように、小学校の受験は親の受験でもあるということは、受験を経験したことのある親ならば、みんな心当たりがあるのではないでしょうか。小学校の場合は、受験を決めたその日から始まって試験当日までに、両親が果たす役割が非常に大きいのです。そんな小学校受験ですが、まず1番大切なのは、子供の気持ちであることは言うまでもないでしょう。入学試験を受けるのも子供なら、入学した後に学校生活を送るのも、親ではなく子供であるということをよく覚えておかなければ、成功につながる受験生活は厳しいものとなるかもしれません。

受験ママ友情報はシャットアウト

受験準備期間に少しでもストレスを減らすために、第三者からの不確かな情報は聞き流すようにするのがコツです。小学校受験の第一歩として大切な志望校選びが終わったら、合格に向けての努力が始まりますが、その中できっとさまざまな情報を耳にすることがあるでしょう。不確かな噂ほどあっという間に広まるものですが、未確認情報に振り回されて不安な毎日を送ることは神経が磨り減るだけのことです。「あの小学校は、面接の時に紺色のスカ-トじゃないと落とされるから、絶対にグレ-は避けるべき。」などと受験が近づくとまことしやかな噂が流れるものですが、いたずらに動揺してはいけません。ここは通っている塾などの専門家の意見だけに耳を傾けるようにして、心の平静を保ちたいものです。それよりも受験予定の小学校の説明会はもちろん、もし機会が得られれば、運動会などの行事も見学し、自分の目と足で確かな情報を得ることが重要です。

家族みんなで合格を勝ち取るために

小学校受験では何かと母親と子供の二人三脚になりがちですが、それだけでは合格につながりません。実は父親の存在というのが大きなポイントとなります。実際面接では受験生の家庭の方針等を父親に質問することが多く、にわか練習ではかわし切れない鋭い質問もあります。そんな時に慌てないように、父親は普段から受験準備に参加することが肝心です。もちろん仕事で忙しいので、つきっきりというわけには行かないですが、休日に一緒に練習問題をやったり、「がんばっているね。」などの声かけだけでも子供にとっては嬉しいものです。小学校受験はそういった意味では、家族がひとつになって目標に向かって進むという絶好の機会とも言えます。こうして家族で努力し、合格を勝ち取ることができたなら、その喜びはひとしおでしょう。

伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 小学校受験に合わせたカリキュラムを用意しています